前へ
次へ

家庭でのサポートは英語習得のポイント

2020年度から小学校でも英語が教科として加わります。
それに伴い教師の指導力も向上しています。
小学校では、週に1、2回の授業を受けることになりますが、それでは、なかなか身につけるのは難しいという見解を示している人も多いです。
だからこそ、家庭でのサポートは重要になってきます。
教材などを用意して、英語に触れる機会や環境を作っていくことが大事です。
また、親自身の英語力をすごく気にする人がいますが、ほかの教科も同じく、その習得力に親の能力は関係しません。
親も子供と一緒に楽しむつもりでやっていれば、親子ともども聞き取りができるようになってきます。
小学生の間は、英語が好きになり、それを使って何かがしたいと考えてもらえるようなサポートをしていくことが重要です。
楽しみながら英語に触れられるようにして、自分が伝えたいことを英語で手助けしてくれるような教材を選んでいくようにします。
英語は言語ですから、赤ちゃんがどのようにして言葉を覚えていくかをイメージすれば、英語を身につけるプロセスも理解しやすくなるでしょう。

Page Top