前へ
次へ

社員教育をする目的を知りたい方へ

社員教育をするにあたって、どんな事を目的として行うのかをお教えします。
まず、社会人としての共通のマナーを習得させることがあります。
挨拶の場合には、敬語で行う事や、名刺の渡し方や、受け取り方、それから電話応対などがあります。
他にも社会人として必要な事項を習得しておくことで、恥ずかしくない社会人でいることが出来ます。
それから次は、規律や規範を守らせるという目的があります。
これには、重大な不祥事や、情報漏洩などが起きない様に事前にコンポライアンスの徹底や、セキュリティー対策を目的とする事が出来ます。
それから、業務遂行のためのベーシックスキルを身につける事が目的としてあります。
その所属や職位の方が、共通して持つべき業務遂行能力の遂行を目的として行います。
部署によってスキルは違いますが、組織の中の一員として責任ある行動、社会人としてのマナーなどを身につける事が目的としてある事を知っておくと役立ちます。

Page Top