前へ
次へ

教育を受けて成長する力を付けさせるには

同じように学校で授業を受けていても、子供によって理解度には大きな開きが生じます。
教師としても親としても悩みの種になる問題ですが、しばしば頭の出来が違うからという一言で片付けられてしまっているのも確かでしょう。
しかし、よく観察してみれば明らかな違いがあるのに気付けるかもしれません。
教育を受けて成長する力があるかないかは、大抵はたった一つの能力があるどうかで決まっているのです。
その能力とは話を聞く力に他なりません。
話を聞いているようであっても実際には上の空で何も聞いていないということは子供に限らずよくあることです。
しっかりと相手の言っていることを聞き取り、何を言っているのかを理解しようとする姿勢があるかどうかで教育を受ける意味があるかが決まります。
これは習慣的に身につく能力なので、小さい頃から家庭で育んでいくことが重要です。
後になってからでは遅いということはありませんが、できるだけ小さな頃から習慣付けるように促しましょう。

Page Top